医者と患者

産婦人科で

診察

産婦人科では女性ならではの問題を解決するためにあらゆる治療を行なっています。その中でも最も多いのが中絶手術です。中絶とはどのようなものなのかを詳しく確認しておきましょう。

この記事の続きを読む

考えること

総合病院

中絶手術は妊娠中の母体から胎児を取り出すことです。以前と比較すると現代の医療技術はとても進んでおり安全に中絶できるようになりましたが考えるべきポイントはたくさんあります。

この記事の続きを読む

出産を諦める

カウセリング

さまざまな事情によって、出産をする事が出来ない人がいるでしょう。日本では、中絶手術を合法としていますが、国によっては禁止されています。男女の付き合いをする際には、将来の事を考えて行動をとりましょう。

この記事の続きを読む

人数について

カルテ

日本では中絶手術をすることが全体的に多くなっていると思っている人が多いのですが、最近では徐々に手術の件数が少なくなって来ているのです。数字で表すと一年で29万件ほどです。しかし日本は少子高齢化社会と言われており、子供を出産できる人の人工もそれに比例して少なくなっているのです。つまり以前は出産できる年齢の人が多かったので、当然中絶手術を行なう人も多かったのです。そのため現代の日本は本当に中絶手術を行なう人が少なくなっているのかというと微妙なところなのです。中絶手術を行なうのは一般的に性に対する知識の乏しい10代が多いのですが、実際には20代、30代、40代で中絶手術を行なう人も多いのです。
日本の中絶手術は医療技術が高いので、安心して受けることができますが、世界的にはまだまだ安全とは言い切れない方法で中絶を行なっている国も存在するのです。予期せぬ出来事で姙娠してしまった場合には、出産することを躊躇ってしまう場合もありますがそれでも出産する人が多いのです。しかし10代の場合は経済力がないことは当然で、精神的にもまだまだ幼い考えで中絶をすることが多いのです。
そのため本当に中絶すべきなのかをもう一度しっかり考えることによって命を無駄にせずすむことがあります。
また中絶手術を行なうときには、様々な手続きが必要になります。そして中絶できる条件というものがあるので、これも確認しておかないとトラブルになってしまうこともあるので、注意しましょう。